toggle
2018-01-29

初不動の日

仏様にはさまざま縁日というものがありますが、碁石山のご本尊「浪切不動明王」さまの縁日は28日です。

1年で一番最初の縁日である1月28日は「初不動」です。

小豆島では、昔から初不動参りというバスツアーがあって、碁石山を皮切りに小豆島霊場の「不動明王がご本尊の札所」をすべて巡る限定遍路が行われてきました。

バスツアーに限らず、お不動さまを信奉し、その日に必ず来るお遍路さんも何組かいらっしゃいます。

霊場開きの「初大師」の日に続き、この「初不動」が来ます。それ以外の仏様の縁日で「初〇〇」というのはなぜか聞きません。それだけお不動様という仏様は人気があるのでしょう。

ちなみに、小豆島霊場の「不動明王がご本尊の札所」を列挙すると・・・

02番 碁石山 山岳

09番 庚申堂

21番 清見寺

37番 明王寺

53番 本覚寺

72番 笠ヶ滝 山岳

75番 大聖寺

76番 金剛寺

81番 恵門ノ瀧 山岳

番外  藤原寺

の10ヶ所になります。

山岳霊場が3ヶ所もあるのは、やはり行場にはお不動様が奉られることが多かったのでしょうね。

 

不動明王ばかりを参拝するのですが、唱えるお経などは普通のお遍路を違いはありません。

ただ、不動真言はメジャーな仏様の中では一番長いので、声はたくさん出さざるを得ない1日になりそうです。

のうまく さーまんだー ばざら だん せんだ まかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん

ちなみに不動真言には3種あり、上で紹介したものが慈救呪[じくのしゅ]。不動真言といったらコレという定番です。

のうまく さーまんだー ばざら だん かん

短いものが小呪[しょうしゅ]。

のうまく さらば たたぎゃてい びゃく さらば ぼっけい びゃく さらば たたらた せんだ まかろしゃだ けん ぎゃき ぎゃき さらば びきんなん うんたらた かんまん 

最後が火界呪[かかいのしゅ]と呼ばれ、唱え癖もあり、覚える難易度が高い真言です。

火界呪は、護摩祈祷する時に読まれることが多く、ベテランお遍路さんでも、お不動様好きでなければ知らない人が多いです。

ちなみに、真言覚えてないのでどうしよう・・・唱えないでおこうか・・・という場合は、

南無不動明王

でも、大丈夫です。仏様の前に「南無」をつければ真言を唱えるのと同義です。

意味は「不動明王様に最大限 帰依します」です。

帰依とは、「信奉し、最大限尊敬致します」というような意味ととらえてください。

今年は日曜日だったこともあって、大勢の方が参拝に来られました。
1年の決まった日に、決まった目的で、参拝する、ということは初不動に限らず、よくあることです。しかし、あらため考えると、だからこそ尊いものだな、と思います。

みなさん信心深いベテランの方が多いので、こちらがクドクド説明しなくてもよくご存じなのですが、毎年繰り返すことだからこそ、同じような話をして、その意味や功徳を再確認することが大事なのだな、と思います。
繰り返すから特別なんですよね。お参りって。

関連記事
Comment





Comment