toggle
2018-01-16

小豆島の年中行事「お日待ち会」

1月14日は毎年恒例の御日待ち会。通称「お日待ち」を常光寺で行いました。

小豆島の中ではお日待ちは、お寺で行う行事として行われます。夜に集まり、日の出を待って解散というのが本来の流れ。1・5.9月の14日から15日にかけて行うというのが一般的なようです。しかし、昨今、高齢者が多くなった地域では、夜に出ていく行事は人が集まらない等の理由で、15日の昼に開催するお寺もあります。

実際の内容としては、集まった人たちで飲食を共にし、夜通し楽しく語るというもので、宗教儀式ではありますが、そんなに畏まった風でもないのが特徴です。そして、お寺で行う割に、神様に対して行う宗教行事というのが面白いところでもあります。

小豆島では、仏と神の境界がとても緩やかで、これは仏事だからお寺!これは神事だから神社!と杓子定規に分けられないものがたくさんあります。明治時代にあった、廃仏毀釈という神社の地位を高め、お寺から切り離していった運動は、離島である小豆島では、それほど大きな影響を与えず、神仏習合の名残が今でもそこかしこに残っています。そのためか、12月に行われた師走経をはじめ、なぜに坊さんがやるのだろう?と首を傾げるものが多いです。

なので、他の地域のことは存じませんが、お日待をお寺で行うのも、小豆島なら納得という感じがします。

常光寺のお日待は、日の仏である「日天[にってん]」さまを灌頂(仏の世界から呼んできて)し、ご本尊としてお経や供物を捧げ、その前で護摩祈祷を行って礼拝します。

薬師堂に日天さまの軸を奉り、その前で護摩祈祷します

日天尊は、仏教ではあまり馴染みの無い仏様ではありますが、太陽を司る仏様で、お日待には相応しい仏様だと言えます。ちなみに日天さまに対し、月天[がってん]さまも居て、小豆島では行われていませんが「月待ち」という行事ではご本尊として奉られることもあるようです。

護摩の後、本堂でもお勤めを行い、ここであらためて新年の挨拶を行います。年が明けて14日が経過しているわけですが、西日本では15日までが松の内と言われ、それまでは年神様が各家にいらっしゃる、として正月の範疇に入るとされます。
最近は、三が日明けると、正月気分もどことやらですが、だいたい新学期が始まる8日くらいまでなんとなく正月という感じで、年賀状も新年の挨拶として届き、それ以降は寒中見舞いみたいな空気があります。しかし、本来で言えば、15日まではしっかり正月なんですね。

集まった檀家さんの前で住職が新年の挨拶

仏事と挨拶の後は、本来の?お日待という感じで、食事やお酒が振る舞われます。そこで、出席された皆さんがそれぞれに語り合い、ふだんと変わらない会話だったり、旧交を温めるなり、を檀家という縁の中で行います。気心が知れた仲間同士、和気あいあいといった調子です。

しばらくしてビンゴゲームが始まり、地元企業さまからの協賛や、お寺で購入したものが振る舞われます。この景品が中々どうして素晴らしく、お米10kg、5kgを筆頭に、醤油佃煮の詰め合わせがもれなく全員分あります。以前、祖母が存命の折、お日待は、11月に碁石山で行う柴燈護摩に、檀家のみなさんが協力してくれた恩返しで、お寺からのお接待の意味もあるんよ、と言ってたのを思い出します。

新年早々に、お米をゲットできた人は、今年は良いことあるぞ!と喜び、一人では歩くのもままならない年配の方でも、手押し車に載せて、必ず持ち帰ります。それもできない人は、家族を呼ぶなり、近所の人の助けを借りて、それもまた和やかで良い感じです。

そういう時間と関係を提供できるお日待の価値は高いなーと思います。年々、夜出ていくのが大変で、参加者が減っている行事ですが、易きに流れることなく続けていきたいです。

子供たちもビンゴの手伝いをしました

小さなお子さんも来てくれました

ゲームなんだけど、みなさん真剣

同時ビンゴのお米争奪戦はジャンケンで決めます

勝つジャンケンも負けが勝ちのジャンケンも強い妻、代役でお米ゲット!

関連記事
Comment





Comment